• LINE公式 アカウント
  • メールでの お問合せ

韓国人との結婚

今でこそ、日韓の夫婦は、さほど、珍しくもないでしょう。

特に、韓国人の夫と、日本人の妻、まあ、普通にありますよね。

 

私が、夫と結婚したのは、1994年。

周りの知人たちからは、

「変わってるねー」

「まあ、とりあえず一回は、結婚してみないと人生語れないしね」

などと、奇異な感じで扱われました。

 

福岡の韓国領事館に、夫と、婚姻届けを出しに行った時も、

通常の手続きであれば、一階のカウンターで、提出すれば終わるものを、

少々待たされて、二階の領事室に呼ばれました。

フカフカのソファーに沈むように座った私たち新婚夫婦に、

領事さんが、「本当に大丈夫ですか?そんな時代になりましたか?」

と念を押したあの場面が、鮮明に思い出されます。

 

2002年には、日韓共同でサッカーのワールドカップが開催され、

そのすぐ後に、ヨン様ブームがやってきた。

ここで初めて、日本人が、隣の国、韓国の存在に気が付いたのではないでしょうか。

 

結婚当初、私を奇異な目で見た知人たちも、ヨン様のとりこになってしまって、

韓国のことを、私に聞きたがるようになりました。

その変わり身に、唖然としてしまったくらいです。

 

竹島問題やら、教科書問題やら、いろいろありますが、

これからも、あるんでしょう。

 

でも、民間の私たちは、すこぶる仲良く過ごしております。

 

韓国人と長く、深く付き合ってきたので、びっくりすることも、少なくなってきましたが、

文化習慣の違い、自分を表現する方法が、正反対といっていいくらい違う韓国人と日本人。

 

言葉の背景にある、そのような事情を知ることから、韓一融和を目指していきたいものです。

 

カナダラ韓国語教室

代表 藤川由美

 

 

2024年6月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30