• LINE公式 アカウント
  • メールでの お問合せ

韓国 行きたいね!

韓国行きたいですね!!

コロナが終息したら・・・・

 

それは、やっぱり 韓国ですよ!

韓国行って、何しよう?

まずは、義父母の墓参り?

敬虔なカトリック教徒だった。

映画に出てくるようなおしゃれな墓地。

 

そして、昔住んでた、金海の街を散歩したい。

あの頃、通った居酒屋は、もうないだろうな?

20年以上も前のことだから。

私が通勤に使った自転車を止めた広場もきっと、何か建物が建っていることだろう。

 

娘が通った幼稚園

義父と散歩した広くてきれいな公園

まだ、あるかな?

 

西面のお気に入りの書店にも行きたいし、

ほったらかしの銀行口座の解約もしなくっちゃ

ナンポドンの友達にも会いたいし、

上品な韓定食も食べたい。

 

私の中にあった日本(日本人)の常識を壊したその国、その街、韓国 釜山

その時から、私の人生観が、ものすごく変わった。

 

日本人の

「~でなければならない」から、ずいぶん開放され、生き方が多少なりとも楽になった気がする。

思ったこと、感じたことは、素直に表現していいし、

気に入らなければ、けんかしてもいい。

無理に感情を押し殺さなくてもいい。

お互い迷惑をかけあえるくらい親しい関係 という繋がり

公共機関で子どもがぐずっても、同乗者があやしてくれる。

日本ならば、気を使ってまだついていないのに、降りなければならない雰囲気に脅迫される。

積極的に、時には、ずうずうしいくらい自分の希望を表現してもいい、むしろ、そうしないと生きていけないほど。

 

そんな、国民のパラダイムがエネルギーの高さを感じさせているのかもしれない。

 

韓国に住んでみる前は、韓国が好きだった。

 

しかし、結婚して、韓国に住み、仕事をして、生活をしてみると、

一瞬、韓国が大嫌いになった。

 

深いところで色々見えてきて、

日本人の私の体質に合わないことがいっぱい出てきたのだ。

 

体調不良の時の薬も合わなかったが、

それよりも何よりも

プライベートの範囲に、誰彼頻繁に立ち入ってこられることは、

とにかくうんざりした。

 

まあ、いろいろあったけど、

人生の半分以上を韓国と共に過ごしてきた今になってみると

全てが懐かしい。

 

韓国に行けるようになったら、

 

金海の街を散歩しよう。

26歳になった娘は、付き合ってくれるかな?

 

もし、あなたと、タイミングが合えば、ご一緒しませんか?

 

 

2021年11月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930